心の病気は心療内科にお任せ|安心安全病院探しガイド

女性看護師

心の病は治す事ができます

悩む男性

社会環境により心身症等の心の病になる事があります。早めに専門医である心療内科に相談するのが得策です。心療内科では薬物療法や心理療法、カウンセリングを通じて治療を試みていきます。最近では心の病に対する偏見も減少し、気軽に利用する人が多いです。

Read More

心の病の注意点と特徴

カウンセリング

現在はストレスの原因となりうつ病などの心の病になる方はたくさんいらっしゃいます。心の病になった場合には、心療内科を受診する必要がありますが、その際には医師の指示通りに薬を服用することが大切です。また、心の病の回復過程を理解しておくことは、症状の回復に繋がります。

Read More

心身医学の立場で診察する

診断

心療内科は心身医学をもとに診療をおこなう科です。心身医学は病気を身体だけでなく心理的、社会的な面もあわせて、それらがひとりの人間の中でどのように作用しているか、それらの関係性をふまえて総合的に診ていこうとします。心療内科が主に扱うのは心身症です。

Read More

心の不調を診てくれる場所

病院

何科を受診すればいいのか

ストレス社会などと称される現代日本において、心の不調を訴える方は後を絶ちません。そしてそれに比例するかのように、精神科や心療内科といった精神疾患専門の医院やクリニックは増加しています。一昔前の精神科といえば、人里離れた場所にある牢獄のような場所というマイナスなイメージが強かったのですが、現在の精神科や心療内科は都心のオフィス街にも多数存在するようになりました。さらにカフェや美容院と見紛うようなオシャレな雰囲気のクリニックもあり、気軽に通院出来るようになりました。 ところで「精神科と心療内科ってどう違うの」と疑問に思ったことはありませんか。他にも神経科やメンタルクリニックなど、何となく精神疾患を診てくれそうではあるけれど、違いが分からないという病院や診療科目が多いです。実際はどれも全て同じであると考えてもらって問題ありません。基本的には精神疾患を扱うのは精神科ですが、その名前に抵抗感がある方や偏見や差別的な感覚を少しでも取り去るため、精神科と治療内容は同じでも看板は心療内科だったりメンタルクリニックだったりするのです。

通いやすい場所を選ぶ

心療内科に関して少しだけ説明を加えると、心療内科は本来心身症と呼ばれる病気の専門科目でした。心身症とはストレス起因により精神に異常をきたす病気で、体の症状が先にあり精神の症状が出るという疾患なのですが、現在の心療内科は心身症はもちろんのこと、精神科と同じ診療内容であることがほとんどです。 では心の不調を感じたときは何処に行けばいいのでしょうか。まず精神科や神経科という名前に抵抗があったり、偏見を気にされたりしている方は、心療内科やメンタルクリニックを受診しましょう。そして病状が悪化しても通えるように、出来るだけ自分の家の近所にある医院やクリニックを選びましょう。もちろん近所で知り合いに会うことを回避したい場合は、少し遠方にある病院を選ぶというのも有りです。インターネットで口コミなどを調べて評価の高いところを選ぶという方法もあります。 結論としては「自分が通いやすい病院を選ぶ」というのがベストです。また最初の病院で医師との相性が悪ければ、病院を変えても問題ありません。いくつか病院を巡った上で相性の良い医師と巡り会えるというケースも多いので、その辺も踏まえた上で病院選びをしていきましょう。

大きな視点で診療

相談

心療内科は心の問題があって、それが身体に症状として表れてきた病気を診察する診療科です。心の問題で体に症状が出てきてしまった人は、たとえ投薬でよくなっても心の問題を、解決しなければ再発してしまうことになります。

Read More

パニック障害の治療

下を向く男性

パニック障害を発症すると、突然、不安感や恐怖感に襲われるようになります。パニック障害は心療内科で治療することが可能です。心療内科では、SSRIや抗不安薬などの薬を投与する薬物療法によって治療を行います。

Read More