心の病気は心療内科にお任せ|安心安全病院探しガイド

ドクター

パニック障害の治療

下を向く男性

パニック障害の治療の工夫

パニック障害は何の前触れもなく突然発症するケースが多いです。パニック障害を発症すると、強い不安感に襲われてパニック状態になります。30分ほど経つと症状は治まりますが、同じような症状が何度も起こります。パニック障害を改善するには、リラックスすることが大切です。仕事などでストレスを抱えている時にはパニック障害になりやすいので、ストレスを溜めないように注意します。パニック障害は自然治癒することもありますが、心療内科に通院すると治りが早くなります。パニック障害が悪化するとうつ病になるケースが多いので、うつ病にならないようにするためにも、早めに心療内科で治療を受けることが大切です。心療内科では問診を中心に診察が行われ、パニック障害になった原因を突き止めます。症状によっては血液検査やレントゲン検査が行われ、過呼吸や甲状腺疾患を患っていないかを調べます。心療内科でのパニック障害の治療は薬物療法が中心になります。不安感を抑える薬が処方されますので、薬を服用することでパニック障害は改善されます。

パニック障害の今後の予測

パニック障害はパニック発作とも呼ばれる精神疾患です。パニック障害になると、突然動悸が激しくなったり、冷や汗が止まらなくなどの症状が出ます。強い不安感や恐怖感を伴うことが特徴で、死の恐怖に怯える人も存在します。パニック障害になる人は増えており、芸能人や有名人の中には、パニック障害を患っていることを告白している人が大勢います。パニック障害の原因ははっきりとは解明されていませんが、強いストレスが原因とされています。現代社会はストレス過多の状態になっており、今後もパニック障害を患う人は増加すると予測されます。パニック障害を治療するために心療内科に通院する人も増えており、今後も心療内科でパニック障害の治療を受ける人の増加が見込まれます。心療内科で適切な治療を受けると、パニック障害は治ります。心療内科での治療は薬物療法が中心になり、SSRIや抗不安薬で治療をします。薬の量を徐々に少なくすることによって、薬に依存しなくてもパニック発作を抑えられるようになります。