心の病気は心療内科にお任せ|安心安全病院探しガイド

ドクター

大きな視点で診療

相談

患者の周囲も診察

心療内科は、心身が相関した疾病の診療を行う臨床科です。簡単に言うと、心のバランスが不安定になることが大きく作用することによって、体に病気が表れてきたときに診療を行う、診療科です。心筋梗塞や胃潰瘍、気管支ぜんそくや糖尿病などや摂食障害などは、細胞や組織に変化が起きている心身症であり、過敏性腸症候群や自立神経失調症、高血圧などは、器質的には異常はありませんが、体の働きが乱れ正常に機能しない心身症です。がんも広い意味においては心のありようが関係してくる、心身的な疾患になります。心身症には広義の解釈と狭義の解釈があって、広義に考えると病気はすべて心身症です。狭義の心身症が心療内科が専門的に対処していかなければならない、体の病気を指します。心療内科の診療では病気や障害だけではなく、生活状況や、行動、心理、治療意欲や生きている環境などいろいろな観点で患者に目配りをして、全人的な対応を行っています。しかし、軽度の心身症の多くは治療を受けないか、受診したとしても身体科を受診する傾向になっています。

心の問題を解決

心療内科が対象とする病気は、心身症を中心としてその周辺疾患を含めた病気を診察していきます。心療内科においては病気になった本人はもとより、その本人の関係者や、環境も診療の対象としていきます。病気をどのように理解して対応していくか、人間というものや、病人というものをどのように理解して対応していくかが心療内科の診療のポイントとなってきます。すべての医者が、患者の情報を十分に集めて治療を行うだけの能力を持っているとは、限りません。身体科では手間と時間がかかってしまう、薬物療法を行うことは難しく、処方箋を書いてしまうだけの投薬療法が、行われていることも少なくはありません。心療内科は身体科でできない患者の内面も診療して、身体的な症状をはじめとして、精神的な問題の治療にもあたっていく、診療科です。たとえ身体科で体の症状が、投薬治療などでよくなったとしてもその症状が、心の問題で表れていたときはすぐにでも再発してしまうことになってしまいます。心療内科は心のほうから診察を行って身体的な症状を取り去っていきます。