心の病気は心療内科にお任せ|安心安全病院探しガイド

ドクター

心の病の注意点と特徴

カウンセリング

薬をきちんと飲む

現在は、ストレスが原因でうつ病などの心の病にかかる方が大変多くなっています。心の病になってしまった場合には、心療内科を受診することが大切ですが、注意すべき点と特徴があるためご紹介します。まずは注意すべき点です。心療内科の治療では投薬治療が行われますが、ここに注意点があります。心療内科では抗うつ薬や抗不安薬が処方されますが、これらの薬を医師の指示通りにきちんと飲むと言うことです。うつ病などの心の病になり心療内科を受診した方の中には、医師の指示通りに薬を飲まない方もいらっしゃいます。これでは治療の効果は低くなってしまいます。心療内科で処方される薬の多くは、長い期間飲み続けることによって効果を発揮します。そのため、少し症状が良くなったからといって自分の判断で薬を飲むことをやめてしまっては、症状の再発につながってしまいます。そのため、心療内科を受診してきちんと治療するためには、処方された薬は医師の指示通りに飲み続けることが非常に大切なことなのです。

回復までの過程

では次に心の病の特徴をご紹介します。心の病になっても心療内科を受診して治療すれば、症状は必ず良くなります。しかし、心の病の回復には特徴があります。それは、症状が良くなったり悪くなったりを繰り返しながら少しずつ回復していくと言うことです。このことを自覚しているかどうかで回復具合は変わってきます。症状が一時的に良くなったからといって、心療内科での治療を途中でやめてしまっては意味がありません。また、一時的に良くなった後に症状が悪化する場合もありますが、ここで落ち込む必要は無いのです。回復の途中にはこのようなことが何度もあるため、過度に心配する必要は無いのです。心の病になった場合には、回復までの過程を理解しておくことが非常に重要なのです。症状の良し悪しに一喜一憂することがなくなれば、それだけ回復してきたと言う事でもあります。心の病は回復までに長い時間がかかることがありますが、心療内科を受診すれば必ずよくなる病気でもあるため、必要以上に不安になる事は無いのです。