心の病気は心療内科にお任せ|安心安全病院探しガイド

ドクター

心の病は治す事ができます

悩む男性

早く治療する事が必要です

現代は情報化社会です。各メディアを通じて大量の知識や映像が流れています。そのおかげで人の生活は便利になり、災害時にも情報が大いに役立つ事もあります。しかしその様な社会環境は価値観の多様化を生み、人間関係を複雑化させるという面もあります。その様な状況はパソコンや携帯電話等のモバイルツールの普及により更に加速しています。より多くの人とのコミュ二ケーションが簡単にできる事は楽しい反面、ストレスになっている事もあります。知る必要が無い事や時間が経ってから知る方が良いと思われる事柄も情報として直ぐに得られる事があるからです。ストレスは重なると睡眠障害や自律神経の乱れに繋がる事もあります。質の良い睡眠を得られなくなると翌日の仕事にも影響します。仕事でのミスは更にストレスとなり、症状は悪化していきます。この様な症状は心身症や自律神経失調症等に多く見られますが、自然に治る事は少なく、長期間放置すればうつ病等の精神疾患となる事も珍しくないです。周囲の人が気が付いた場合は早めに専門医による治療が必要である事を知らせる事も必要です。

気軽に利用できます

職場や家庭の環境によって体の不調を感じる人は心身症である可能性が高いです。心身症はうつ病とは違い、精神疾患ではないです。精神科ではなく、心療内科での治療が適しています。しかし自分が精神科と心療内科のどちらでの治療が良いのかを判断するのは困難です。かかりつけの内科医に相談して紹介してもらうのも良い方法です。心療内科では向精神薬や抗うつ薬を使用しながら治療を試みます。必要に応じて各種心理療法も取り入れます。そしてカウンセラーによるカウンセリングにより原因となる事柄を特定できる可能性があります。積極的にカウンセリングを受ける事で症状の改善を早める事が期待できます。そして心の病は完治させるまでに長い期間が必要な事から医師やカウンセラーとの相性も大切です。症状が改善される兆しが感じられない場合は治療施設を変えてみるのも一つの方法です。そして最近は心の病に対しての偏見が減りつつあります。何となく心の状態に不安定さを感じる場合に気軽に心療内科を利用する人が増えています。